デザインだけではだめ!読ませるテキストを

重要なのは何が書いてあるか

ホームページを作るときにはデザインに注意するのは当たり前のことです。いいデザインのホームページなら、それだけ人気も出やすいですし、リピーターも確保しやすいです。ですが、それだけでは意味がありません。
ホームページに訪れてくれる人は、情報を渇望していることを忘れてはいけません。いくらデザインが優れていても、それだけならすぐに飽きられてしまうことでしょう。重要なのは、何が書いてあるかということです。読ませるテキストを意識してホームページの更新を続けて行かなければなりません。
自分でテキストを書くのが大変なら、プロのライターを雇ってみるのもいいでしょう。ライターは案外安い値段で雇えますから、コンテンツの充実が簡単にできます。

ターゲットを明確にして文章を書くこと

ホームページの文章は、気をつけていないと漠然としたものになりやすいです。よく読めば一般論しか言っていないという記事は多いはずです。そうした当たり障りのない文章ばかりを書いていると、ユーザーからそっぽを向かれることでしょう。真に迫るテキストを意識しなければなりません。時には炎上するのも覚悟で、突っ込んだ意見を掲載することも大事です。自分の意見がない文章というのは、ただ読むだけでも苦痛なことが多いです。
ターゲットを明確にして、その人に届くようなテキスト作りをしていくといいかもしれません。特定の人に役立つ文章が、別の誰かにはまったく意味のない文章になるということはよくあることです。万人受けするものばかり書くことはできませんし、そもそもそこを狙う必要性は薄いのです。

ホームページ作成を初心者が行う場合は、メモ帳からスタートしてみると仕組みがわかりやすいです。HTMLコードをひとつひとつ手打ちで入力して行くことにより、これをすればこうなるという理解が深まります。